お年寄りからの暴力に悩む介護士は意外と多い?その原因と対策

公開日:  最終更新日:2016/11/25

介護士の悩みでもある入居者からの逆暴力には根本的な理由がある

入居者からの暴力などの問題行動は、余りありませんが、突発的に暴力を振るう入居者はいます。でも、それにはきちんとした理由があり、「問題行動」とするのは、介護職員側からの視点です。施設には、一日のタイムテーブルが決められているのが、殆どですが、入居者の性格・体調・その日の機嫌や体調によっても、気分を外する人がいても不思議ではありません。

入居者が他の入居者へ暴力を振るう場合は、かなり対応が変わってしまいます。職員の目が行き届かない場合、入居者同士の喧嘩や暴力は難しいですね。早く気づいて、途中で止めに入れれば良いですが、一方的に暴力を振るわれたりした場合には、それなりの問題にもなります。

常に暴力的な場合は、強制退所も考えなければなりません。また、フロアの変更など職員のカンファレンスで、今後の対応策を考えていかなければいけません。男性は元々力がありますし、女性一人で対応出来ない事もあります。しかし、女性の場合も暴れると手に負えない程の力を出す人もあります。

暴力の根本的な理由が判明し、対応の仕方で改善される事もあります。また、年齢により暴力を振るわなくなるケースもあります。でも、一刻も猶予のない場合の選択肢としては、強制退所が一番多いのです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑