入居者家族はクレーマー?介護士はその気持ちを理解して接することが重要

公開日:  最終更新日:2016/11/25

介護施設の入居者の家族は基本的にワガママ

家族を預かってもらっているだけで引け目を感じ、何かしら職員へクレームを言ったら、預けている家族が意地悪されたらどうしよう。という、風潮がありました。
しかし、現在では、入居者の家族も「お客様意識」が高く、また老人ホームでも○○さんから「○○様」へと呼び方が変わっている施設が多くなっています。

これが直接の原因かは判断しかねますが、以前よりも要望が増えてきたのは確かです。
例えば、「食後にサプリメントを飲ませて欲しい」「お茶が好きだったので、胃瘻にも関わらず、お茶を飲ませて欲しい」「シャンプーやリンスはこれを使って欲しい」等々の要望があります。

特に、毎日若しくは、頻繁に面会に来る家族は、自宅から持参したものが、ちゃんと使用されているかをチェックしていると思います。これは介護職員個々が、面倒でワガママと思うか。それとも、家族としてやってあげたい気持ちを汲んでやり、要望と受け取るか。そのどちらかでしょうね。

仕事として割り切れば、面倒くさいと思うでしょうし、自分の家族だったらと思って仕事している人は要望を叶えてあげたいと思います。仕事への姿勢や入居者さんの気持ちに沿った介護をしてあげたいと思うことで、家族からの要望がワガママであるのか否かの判断が出来るでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑