介護職の給料はなぜ低い?賃金構造基本統計調査で分かる年収の違い

公開日: 

介護職の給料はなぜ低い?賃金構造基本統計調査で分かる年収の違い

介護の求人情報の給料欄を予備知識のないまま見ても、高いのか低いのか判断することはできないでしょう。求人に応募するときには、希望としている職種の給料の相場を事前に調べておく必要があります。その情報源としても最も正確なのが、毎年厚生労働省で発表している賃金構造基本統計調査です。

賃金構造基本統計調査から分かる介護職の給料

賃金構造基本統計調査では、産業別、職種別、都道府県別など、かなり細かい部分まで給料に関する情報を入手することができます。介護職に関する情報はケアマネジャー、ホームヘルパー、福祉施設介護員の3つが掲載されています。

平成27年度のホームヘルパーを見ると、平均所定内給与額は月額21万円となっています。時間外手当等を含めた現金給与は月額22.5万円、年間賞与は34.1万円です。以上より、ホームヘルパーの平均年収は304.1万円であることがわかります。この値は男女の平均です。男女別では、男性ホームヘルパーは平均年収313.7万円で、女性ホームヘルパーは300.7万円となります。

介護の現場ではパートとして働いている人の数も決して少なくありません。賃金構造基本統計調査では短時間労働者の給料も知ることができます。平成27年度のホームヘルパーの平均時給は1057円です。年間賞与は4.5万円となっています。

全ての職場で低賃金という事ではない

介護職として働く中でお給料について考え、世間で言われているように安いのだろうかと思った結果、やはり安いという結論に至りました。ただどこもが安いわけではなく、母体がしっかりとしていて待遇が良いところはわりと良かったです。

最初に働いたところはそういったしっかりした母体だったのですが、お給料は夜勤手当が一回5,000円、資格手当が8,000円、残業代もありましたし、家賃補助が25,000円出ていて、手取りは24万円ぐらいでした。当時22歳の女性だったのですが、年収は400万円と決して悪くはなく、その時は安いというイメージはありませんでした。

転職をミスると年収は下がる

しかし次に転職をした時には年収320万円まで下がりましたし、私は経験や資格を加味されてその値段だったのですが、新卒の人などは手取り15万円などでした。そういった状況を考えてやはり介護職は安いなと思いましたし、色々な求人を見ていてもそのぐらいの水準のところが多いです。

たまに条件の良いところもあるけれども、安いところの方が圧倒的に多いなということを実感しましたし、介護職の人で不足はそういった条件の悪さが一番だと思います。お給料面での改善があれば、やってみようと思う人も増え、介護の質も上がるだろうと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑