介護士を辞めたいと思ったアナタへ

給料は低いし仕事はキツイし人間関係は面倒ですが頑張りましょう

職場で同僚や先輩にイジメられた時の対処法

職場で同僚や先輩にイジメられた時の対処法

  2015/11/17    人間関係 , ,

例えば職員間で口をきいてもらえない時、口をきいてもらえなくて困る事は情報を共有できなくなる恐れがある事です。 入所者の方の情報や業務連絡など状況を把握することは介護の仕事では大切なことです。 ですから連絡ノートなどの業務や情報を共有できるツールがあれば活用すれば良いし、なければ施設で今後作っていくことをお勧めします。 いじめ対策の基本 介護の現場での職員間でのいじめは「いじめられている自分の話」だけではすみません。入所者さんに迷惑をかける事もあり得ます。ですから対応は迅速にとらなければいけません。 いじめられたらまずは直属の上司に相談すること。具体的に、いつ、どこで、誰が、何をしたか、を記して …

言うこと聞いてくれない認知症高齢者との接し方

言うこと聞いてくれない認知症高齢者との接し方

  2015/11/15    認知症

言うこと聞いてくれない認知症高齢者の接し方ポイントです。 認知症の特徴 認知症の方は中核症状と言われる根本的な脳の気質による原因になるものと、周辺症状と言われる具体的な(問題になる)行動があるといわれています。脳の気質の変化や特徴を知る事が大切になります。 原因は同じでも個人と考えて対応する では原因が同じなら同じように周辺症状が出現するかと言えばそうではありません。 環境因子が違えば、行動も違って現れます。 それに元の気質も加わって行動が現れるので、その方のこれまでの暮らしや性格を知る事も大切なことです。 認知症になってもその人が自分の中で誇りに思っていること事、触れられたくない事、許せない …

ナースコール連打は不安だから!しっかり入居者と向き合って安心させることが解決策

ナースコール連打は不安だから!しっかり入居者と向き合って安心させることが解決策

  2015/07/10    ナースコール ,

昼夜問わず、日に何度もナースコールを鳴らす人、夜間になると頻繁にナースコールを鳴らす人がいます。個室で不安になる人もいますし、ご自分で出来ないことが多い場合に呼ばれる事もあります。ナースコールの回数は、個人差や理由は違えど、職員に用がある事で呼ぶのです。職員の顔を見て、ホッとしてもらうのも介護職の仕事一つです。 介護職員の中には、頻繁なナースコールを迷惑がったり、面倒くさいと云って、顔を出さない職員もいます。そのような職員の心の中では、ナースコールを鳴らす意味を軽く見ているのでしょう。高齢者の方は、何かに付けて不安を感じるものです。もし、頻尿でポータブルトイレを使用していたとしても、夜になると …

食事介助がスムーズに行えるかは工夫や気遣いが必要

食事介助がスムーズに行えるかは工夫や気遣いが必要

  2015/06/26    食事介助 ,

なかなか思うように食事を食べてくれない入居者さんもいます。意思疎通が取れる人の場合は、ご本人に直接聞くことも大切です。入居する際に、何が好きで、何が嫌いか。食物アレルギーの有無等の食事の調査も行いますが、高齢者は環境の変化についていけない事もあります。 食事を食べない原因が一体何なのかを知り、食事をしてもらうのも介護職員の仕事です。 入れ歯が合わない・ストレスがある・心配事があるなど、物理的・心理的な理由があるかもしれません。物理的な理由の場合は、その問題を解決してあげれば、食事を食べられる様になるかもしれません。しかし、心的な原因で食欲がない場合は、その問題を解決するように努めなければなりま …

お年寄りからの暴力に悩む介護士は意外と多い?その原因と対策

お年寄りからの暴力に悩む介護士は意外と多い?その原因と対策

  2015/05/24    介護士の悩み ,

入居者からの暴力などの問題行動は、余りありませんが、突発的に暴力を振るう入居者はいます。でも、それにはきちんとした理由があり、「問題行動」とするのは、介護職員側からの視点です。施設には、一日のタイムテーブルが決められているのが、殆どですが、入居者の性格・体調・その日の機嫌や体調によっても、気分を外する人がいても不思議ではありません。 入居者が他の入居者へ暴力を振るう場合は、かなり対応が変わってしまいます。職員の目が行き届かない場合、入居者同士の喧嘩や暴力は難しいですね。早く気づいて、途中で止めに入れれば良いですが、一方的に暴力を振るわれたりした場合には、それなりの問題にもなります。 常に暴力的 …

忙しい職場ほど介護事故は起こる!だから介護士に責任は一切ないはず!

忙しい職場ほど介護事故は起こる!だから介護士に責任は一切ないはず!

全個室・ユニット型になってから、介護職員の目が届かない場面が多くなり、また、十分な職員での対応が難しい為、介護事故も増えているのではないでしょうか。特に夜間は、20~30名を一人で視る事になります。いくら仮眠時間があるからと云っても、正直寝られない事の方が多いものです。 しかも、日中は一人で歩けている人はノーチェックになりがちで、申し送りで注意が必要な人を一番に気に掛けるのが通常です。でも、日中と夜間では、一人で行動できる人も油断は出来ません。 介護事故には、転倒・ベッドからの落下・入居者同士の喧嘩での転倒・介護中の転倒・体位交換不足の褥瘡などや、夜間における様態の急変と色々あります。 大抵の …

入居者家族はクレーマー?介護士はその気持ちを理解して接することが重要

入居者家族はクレーマー?介護士はその気持ちを理解して接することが重要

  2015/03/30    入居者 ,

家族を預かってもらっているだけで引け目を感じ、何かしら職員へクレームを言ったら、預けている家族が意地悪されたらどうしよう。という、風潮がありました。 しかし、現在では、入居者の家族も「お客様意識」が高く、また老人ホームでも○○さんから「○○様」へと呼び方が変わっている施設が多くなっています。 これが直接の原因かは判断しかねますが、以前よりも要望が増えてきたのは確かです。 例えば、「食後にサプリメントを飲ませて欲しい」「お茶が好きだったので、胃瘻にも関わらず、お茶を飲ませて欲しい」「シャンプーやリンスはこれを使って欲しい」等々の要望があります。 特に、毎日若しくは、頻繁に面会に来る家族は、自宅か …

高齢化によって悪化する介護業界には将来性がないのか?

高齢化によって悪化する介護業界には将来性がないのか?

  2015/03/10    介護業界 ,

高齢社会と言われる現在、介護業界は今後益々必要不可欠な業界となる事でしょう。しかし、福祉自体は、制度が徐々に厳しくなってきており、生活保護費等は昨年からも支給も引き締めに着手しています。また、老人福祉にあっては、介護保険制度の保険料の徴収料が高くなってきています。 介護業界も企業が参入してきたことにより、若干、営利目的になってきているように思われます。介護は必要になる一方、経済的に余裕のある人が優遇され、経済的に余裕がない人の場合は、福祉は最低限の介護を受けるようになることでしょう。 福祉の引き締めで、職員への給料は安く、勤務形態はキツくなる可能性は否定できません。 現在でさえ、勤務体制は人員 …

職場が自分が理想とする介護を行っているかも重要

職場が自分が理想とする介護を行っているかも重要

  2015/02/22    介護の方針 , ,

施設の方針や理念などは、大抵パンフレットやインターネットのホームページに記載されています。その方針や理念は、どの施設も同様、良いことばかり書いているのが通常です。当然の事と言えば、当然ですが、それは職員が充分足りている上での話であったとしたら、実際人手が足りない場合は、その方針や理念通りにならない場合も出てくることでしょう。 その時には施設の方針は、実行されることは難しくなるでしょう。表面的な方針と実際の施設の方針が異なっているのは、働いてみないとわかりません。それは、多かれ少なかれ、施設にある事でしょう。 理想である方針と職員自身が思い描く方針が異なれば、その施設で働くことは難しいかと思いま …

ここで辞めたらこれまで得た経験や資格が無駄になり再びゼロからスタートに!

ここで辞めたらこれまで得た経験や資格が無駄になり再びゼロからスタートに!

  2015/01/09    人手不足 , ,

万年人手不足・人員不足は、どの施設にとっても大きな問題です。現在、就職の募集を見ても分かるように、介護職の募集が途切れることはありません。人が足りていないのは、どの施設も同じですので、忙しさは各施設も変わらないでしょう。 人が足りていない分、シフト体制も変わってきます。ギリギリの人員ですから、入居者の要望も満足に対応できない状態になります。他の業務に追われながらの仕事になります。現在でも、いっぱいいっぱいの状態です。 未経験者の職員には、数日間を共にし仕事を教えるのでしょうが、経験者に対しては多くて二日程度です。しかも、業務内容も明確ではなく、入居者の情報も個人記録もユニット内には置いておらず …